若返りの呪文はウォーターサーバーの無料お試し トップ > 装具で治る?

装具で治る?

外反母趾(靴などで締め付けることにより、親指が小指の方に徐々に曲がっていってしまうことをいいます)の保存療法のひとつに、装具療法があるんです。 症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)の進行程度により様々な装具が利用されていますが、そのなかでも外反母趾(可逆期、拘縮期、進行期、終末期の四段階に分けられています)に一番有効な治療方法だといわれているのが、足底板(アーチサポート)治療法です。 これは、足底板をインソールとして靴(小堺一機さんは百万円のクロコダイル皮製のを持っているんだとか)の中に挿入することにより、足裏のアーチ構造を正常な状態に矯正して足の基本骨格を改善するだと言われているのです。 装着する際には、きついと却って痛みが増してしまいますので、必ず足の裏に合った形状でなければなりません。 既製品などでも様々な種類が売っているようですが、オーダーメイドで作成しておかなけれね外反母趾を悪化させてしまってしまう可能性もありますので、注意して下さい。 また、親指に装着するバンドや趾間にはさむ矯正装具もあるものです。 ただ、これらは痛みを軽減したり、これ以上の進行を防いだりする効果は期待出来ますが、外反母趾を矯正する程の効果は期待出来ないと言われていますね。 夜間、歩かない時間帯に付ける装具もあります。 これは、長時間に亘って矯正する力を維持することができるので有効でしょう。 いろいろな形の装具がありますから、迷ってしまいますねが、単純な構造で効果的だという名前ののが、まっすぐな支柱に親指をしばりつけるタイプのと言われていますね。 外反母趾(症状が酷くなると、歩行することさえ困難となり、手術が必要になることもあります)は、症状が発症し始めた初期段階であれば、装具治療による矯正の可能性も高いと言えます。 特に若い人の外反母趾(靴などで締め付けることにより、親指が小指の方に徐々に曲がっていってしまうことをいいます)だったら、その効果も大きいのではないでしょうか