若返りの呪文はウォーターサーバーの無料お試し トップ > ツボ刺激は効果ある?

ツボ刺激は効果ある?

更年期(四十代以降の男性にも、男性更年期障害と呼ねれる症状が起こることがあります)障害とは、閉経前後に女性ホルモンが減少する事によって起こるいろんな症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を言います。 昔は更年期障害といえば、女性特有の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)とされてきました。 でも、最近では、ほぼ同じくらいの年代で男性にも男性ホルモン(二次性徴を発現させますが、男性型脱毛症の要因になってしまうこともあります)の減少による体調不良(不良が使う不良用語の中には、一般的に使われるようになったものも少なくないでしょう)や精神の不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)定感などが起きる人がいることが確認されています。 いずれにせよその症状は人それぞれで、症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)の強弱も個人差が大きく、殆ど感じないと言う人もいれば激しい症状を訴える人もいますよね。 女性の更年期障害では女性ホルモン(卵胞ホルモンのエストロゲン、黄体ホルモンのプロゲステロンの二種類が有名で、分泌量が減ると様々な不調が現れます)の減少が原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)である事が分かっているのですから、病院で女性ホルモン(エストロゲン、卵胞ホルモン、雌性ホルモンなどと呼ぶこともあります)を投与してもらうといった治療方法が行われることもあるかもしれませんね。 ただ、女性ホルモン(女性らしさを保つためには必要不可欠です)の投与による副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)が強く見られることもあるため、あまり推奨されていません。 食事療法(食事の時間を決めて、規則正しくとることも大切です)や生活習慣の改善、薬やサプリメント(体質や体調、服用している薬との相性があるので、慎重に選ぶ必要があります)等色んな症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)緩和の方法がありますねが、その効果も個人差が大きく、またその辛さを他人には分かってもらえないと言うのも更に、辛いところです。 場合によっては、精神的に苛つくことが多く、家族や周りの方に嫌な思いをさせてしまうこともありますから、自分自身はとてもくるしい思いをします。 なかなか症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が緩和しない場合には、ツボ刺激を試してみては如何でしょうか?。
◆ホルモンの分泌を改善
・三陰交
くるぶしの上に掌らを横向きに置き、手の親指の第一関節の辺り
・血海(夏といえね、必ず行くという方も多いかもしれません。 紫外線対策はしっかりとした方がいいですね)
膝のお皿の上のへこんだ所
◆ホルモンバランス(何といっても、生活習慣を改善することが正常に整えることに繋がるでしょう)改善
・湧泉
足の裏の人差し指の下のへこんだ