若返りの呪文はウォーターサーバーの無料お試し トップ > CFDとはどんな投資?

CFDとはどんな投資?

日本では、まだまだ馴染みが少ないと思われる投資方法にCFD(本来ならFXも差金決済取引に含まれるそうですが、実際には別物として考えられているようです)と言うものが存在します。 CFDとは、「Contact For Difference」の略で、現物株や債券など、実際の資産を保有しないで、その売買価格の差を損益とする差金決済取引のことを言います。 CFD(日本では最近知られるようになった投資商品です)で取引出来る商品は、それぞれの業者によっても異なるんです。 日本株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)や外国株などの「現物株(ネットでのトレードが主流となっていますね)」、世界のいろんなマーケットの指数取引である「株価(約定があった時の直近価格ですね。 株式投資をしていれね、気にせずにはいられないでしょう)指数」、貴金属(金や銀、プラチナの他にも、イリジウムなどがあります)などの商品を扱う「商品先物」、国債を指す「債券」、それに、「為替」と言ったさまざまな商品の取引が出来ますよ。 現在では、3000前後が投資対象商品となりいるようです。 こういった商品をひとつの口座で管理して、取引を行うのがCFD取引ですよね。 同じような差金決済取引として広く知られているのがFX(1998年の外国為替法改正をきっかけに誕生し、ブームになりました)ですが、このFX(証拠金を担保として、証拠金以上の額の取引が可能になるのが魅力だといわれています)はCFD(本来ならFXも差金決済取引に含まれるそうですが、実際には別物として考えられているようです)の中の「為替」だけを取引の対象としています。 つまり、FXはCFD(日本では最近知られるようになった投資商品です)取引の中の一部と言うことなのです。 当然、FX(取扱い業者に証拠金を預けて、差金決済で通貨の売買を行う投資方法です)の大きな魅力でもあるレバレッジは、CFD取引でも利用する事が出来ます。 FX同様に、上手にレバレッジを利かせる事で、少ない資金でより大きな投資を行う事が出来るでしょう。 CFD(日本では最近知られるようになった投資商品です)は国内ではまだ馴染みが少ない取引方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)だと前述しました。 でも、世界的に見てみると、アメリカやフランス、ドイツ、イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国というのが正式名称です)などといった先進国を始めとして、既に70ヶ国を超える国でメジャーな投資法のひとつとして認識されているのです。 これから日本でも、お馴染みの投資法として定着していくだと言えるのです。