若返りの呪文はウォーターサーバーの無料お試し トップ > 偏頭痛にはコーヒーが効く?

偏頭痛にはコーヒーが効く?

偏頭痛(人によって症状や頻度が畭なり、女性に多くみられる傾向があります)に悩んでいる人は日本人(海外でのイメージは、メガネ、カメラ、お辞儀でしょうか)には大変多いと言われていますが、実はその根本的な原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)などはほとんど解明されていない疾患なんです。 ですが、その症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)には幾つかの特徴があって、その特徴の一つに、「血管が拡張することで痛みを感じている」というのがあるんでしょう。 血管が拡張するというと、アルコールによる二日酔いや寝過ぎが原因の偏頭痛(人によって症状や頻度が畭なり、女性に多くみられる傾向があります)などがこれと同じですね。 血管が拡張するのがよくないという訳ではないんですが、偏頭痛持ちの人の場合、血管が拡張する事により周囲に刺激を与え、それが頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)の要因となっているのでは?と考えられています。 血管の拡張が原因で起きている頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)ならね、血管を収縮させることで痛みを緩和できるとされるのです。 血管を収縮させる事によりるには複?の方法がありますが、その一つがコーヒー(カプチーノやカフェラテ、カフェモカなどもおいしいですね)です。 ご存知みたいに、コーヒーにはカフェイン(アルカノイドの一種で、コーヒーはもちろん、緑茶、紅茶、コーラ、チョコレートなどにも含まれています)が多く含まれているんですね。 このカフェイン(それほど深刻ではないものの、依存性があります)には、血管を収縮させる働きがあります。 妊婦さんのコーヒー(カプチーノやカフェラテ、カフェモカなどもおいしいですね)がよくないといわれているのは、これが理由です。 血管が収縮すると血流が滞りますから、赤ちゃん(赤子や赤ん坊なんて呼び方もしますね。 生まれたねかりの子供のことをいいます)に必要な栄養や酸素を充分に届けられなくなるんですね。 以上のように、コーヒー(カプチーノやカフェラテ、カフェモカなどもおいしいですね)には血管収縮作用があるので、偏頭痛(時には嘔吐などの症状を伴うこともあるでしょう)の時には拡張した血管を元に戻して痛みを軽くする働きがあるものです。 ほかにも、冷やすことで血管を収縮させると言う方法もあります。 おでこや首の付け根の血管を冷やすと効果的となっています。