若返りの呪文はウォーターサーバーの無料お試し トップ > 抗酸化作用のある野菜って?

抗酸化作用のある野菜って?

抗酸化作用(日本抗酸化学会という団体もあり、世界抗酸化学会の日本支部にあたります)のある食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)を摂取すると身体に良いという事は、今では殆どの方が知っていることと思います。
けれど、実際に抗酸化作用(体内で生成される抗酸化酵素や体外から摂り入れる抗酸化物質がその働きをします)のある食べ物(何をいつ、どうやって食べるかが大切ですね。
お腹に入れね同じというわけにはいかないでしょう)って一体どういった食べ物なのだろうなんて思われる方もいるのでは?ここでは、特に抗酸化作用があると言われる野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。
マドンナなども実践しているんだとか)を挙げてみてはいかがでしょうか。
例えば、レンコン、ショウガ、さといも、にんにく、ほうれん草、人参、じゃがいも、トマト、ナス、きゅうり、ブロッコリー、キノコ類などです。
中でも、ブロッコリーには、β−カロテン(ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)A)、ビタミンE、ビタミンC(成人の一日あたりの摂取推奨量は、100mgとされています)と三種類のビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)が含まれるため、抗酸化作用(カタラーゼやペルオキダーゼなどが抗酸化酵素として代表的です)が高く、美肌や老化防止にとても効果的です。
また、トマトの赤い色はリコピン(リコペンとも呼ねれていますが、リコピンの方がなじみがありますね)という成分で、代表的な抗酸化物質の一つとなっています。
リコピン(リコペンとも呼ねれていますが、リコピンの方がなじみがありますね)はトマトの皮に多く含まれていますので、皮はむかずに食べてみた人が良いですね。
ちなみに、普通のトマトよりもミニトマトの人がリコピン(赤い色をしたカロテノイドの一種で、強い抗酸化作用があるといわれています)がたくさん入っているだと言えるのではないでしょうか。
それに、レンコンも抗酸化作用(カタラーゼやペルオキダーゼなどが抗酸化酵素として代表的です)がとても高い野菜だと言われていて、ある調査ではトマトの10倍以上もの抗酸化作用があるんでしょう。
ここで挙げた野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)だけではなく、野菜(新鮮な産地直送のものを買える直売所がブームになっているようです)であれば大抵のものには抗酸化物質(有名なものの一つに、アスコルビン酸、つまり、ビタミンCがあります)が含まれていますので、日頃から積極的に野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。
マドンナなども実践しているんだとか)を食べていれば抗酸化物質(有名なものの一つに、アスコルビン酸、つまり、ビタミンCがあります)が足りなくなる事はないと言えるでしょう。
ただ、ちかごろの人たちはどうしても野菜不足になってしまいがちな生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)を送っていらっしゃるでしょうね。
老化防止の為にも、毎日の食事の時には意識して野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。
マドンナなども実践しているんだとか)を食べるようにしましょう