若返りの呪文はウォーターサーバーの無料お試し トップ > ビタミンCは抗酸化作用がある?

ビタミンCは抗酸化作用がある?

ビタミンCと聞くと、女性はしみ、そばかす、日焼けなどの色素沈着に有効であるか、肌を再生してシワをできにくくするなんかの美肌に効果的と言ったイメージがあるのではないでしょうか。
そんなビタミンCですが、実は抗酸化作用(喫煙や飲酒の習慣がある人は特に抗酸力の高い食品やサプリメントを摂取した方がいいでしょう)もビタミンC(不足し続けると、壊血病を起こすこともあり、人体には必要不可欠です)の大きな働きのひとつだと言えると思います。
ビタミンC(成人の一日あたりの摂取推奨量は、100mgとされています)はそれ自身で強い抗酸化作用(カタラーゼやペルオキダーゼなどが抗酸化酵素として代表的です)を持っているに限ったことではなく、活性酸素により身体が酸化するのを防いでくれているビタミンEが傷ついた場合にも、元気な状態に戻してくれる作用があるでしょうか。
その為、ビタミンEはビタミンCと一緒に摂取すると良いともいわれているのですし、生活習慣病(近年では子供や若い人でも発症しているのだとか)を予防する為にも効果的なのです。
ビタミンC(化学的な定義では、アスコルビン酸のL体のことをいいます)は、野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。
マドンナなども実践しているんだとか)類やいちご、みかんという果物類に多くふくまれています。
また、ビタミンCは水溶性ビタミンですから、水に溶けやすい性質があります。
調理の方法で煮たり行うケースは、汁にビタミンCが溶け出ているため、出来る限り汁も飲むようにしてください。
生で食べるとなれね、水に溶け出さないよう手早く調理することが大切なのです。
ただ、抗酸化作用(カタラーゼやペルオキダーゼなどが抗酸化酵素として代表的です)の高いビタミンC(不足し続けると、壊血病を起こすこともあり、人体には必要不可欠です)やビタミンEだけを摂取していればそれでいいという訳ではありません。
抗酸化作用にたいする働きを助け、その効果を高めると言う亜鉛やセレンと言ったミネラル(食べ物や飲み物から摂取するのが理想ですが、不足するようならサプリメントを利用すると手軽です)も必要になってくるのです。
つまり、どれか一つの栄養素(組み合わせることでより吸収効率がよくなったりするそうですよ)に偏らず、いいバランスで栄養素(ビタミンやミネラル、脂質も健康を保つためには、必要不可欠です)を摂取するようにすれば良いという事ですね